アウルの森

アウルの森の特徴・見どころ

「アウルの森」は、秋葉原にある都内で最大級の規模をほこるフクロウカフェです。

場所は東京都千代田区外神田のビル5Fで、JR秋葉原駅もしくは東京メトロ銀座線の末広町駅から徒歩数分の距離にあります。

驚きなのが常時30匹を超える数多くのふくろうがいるということで、利用をする料金も1時間あたり890円と他のフクロウカフェと比べてやや安めの設定になっているのも嬉しいところです。

ふくろうの種類は世界最大種の最もメジャーなものから動物園でも珍しい希少種までさまざまですが、いずれも人工的に孵化をさせた種類なのだといいます。

店内ではふくろうを飼いたいという人へのアドバイスもしているので雛の購入を含めてふくろうの飼育についてかなり詳しい情報を得ることができます。

ここ最近ふくろうをペットにしたいという人が増えてきたこともありネットにはたくさんの情報が掲載されていますが中にはかなり間違ったものもあるそうなのでそのあたりもお店として注意喚起がされています。

お店を利用する時の注意点

「アウルの森」は都内にあるフクロウカフェの中でもかなりの人気店なので、土日祝日だけでなく平日でも終日かなり混み合っています。

店頭もしくは電話で予約をすることもできるので、現地で待たされるというのが苦手なら早めに連絡をしていくのがよいと思います。

混んでいない時なら入れ替えはなく時間無制限で利用をすることもできるそうですが、実質的にはほぼ完全に1時間で入れ替えになってしまいます。

お店ではふくろうとの触れ合いをすることが目的になっているので、内部ではフードメニューの提供はありません。

店内ではソフトドリンクだけでなくアルコール類の提供もされておりますが、泥酔している人はふくろうを保護するため退店をしてもらうこともあります。

あわせて読みたい