いけふくろうcafé

いけふくろうcaféの特徴・見どころ

「いけふくろうcafé」はご存知池袋駅の待ち合わせスポット「イケフクロウ」に名前をなぞらえた東池袋にあるフクロウカフェです。

場所は池袋駅東口からほど近いところにあり、お店は10坪程度とちょっと小さめですが常時10匹のふくろうたちがお出迎えをしてくれるという距離感の近さが魅力です。

こちらのフクロウカフェの特徴は珍しい種類のふくろうを揃えているところと、飼育されているふくろうの名前に「進撃の巨人」の登場人物の名前が付けられているということです。

これはお店のオーナーと店長の両方の愛読書であったからということですが、このふくろうにこの名前が?というギャップを楽しむこともできますね。

こちらの「いけふくろうcafé」は夕方からは「Dining進撃」という居酒屋に営業内容が変更になるので、お酒を飲みながらふくろうを見たいというお客さんにも好評です。

お酒は九州産の焼酎にこだわりたくさんの種類のものがあるので焼酎好きにもおすすめです。

店内ではふくろうの雛販売やおすすめの餌の販売もしているので、もしお店でふくろうに興味を持ったらそこで飼育の仕方を教えてもらい自宅で飼うというのもよいかもしれません。

お店を利用する時の注意点

いけふくろうcaféは平日、月曜、土曜、日曜とそれぞれ曜日によって営業時間が異なり、フクロウカフェとしての営業も曜日や時間が限定されています。

ですので行ってみてからふくろうとふれあうことができなかったということがないように事前にきちんと確認をしてからでかけて行った方がよいでしょう。

システムは1時間毎の入れ替え制となっておりワンドリンクオーダーが必要です。

なお店内では食事の提供もされており、個性的なふくろうをオブジェに取り入れた人気メニューもあります。

あわせて読みたい