ことりカフェ

かわいすぎる鳥カフェ「ことりカフェ」

「ことりカフェ」は東京都の港区青山にある表参道店と、三鷹市の吉祥寺店の2店舗に大阪市の心斎橋店を合わせて全3店舗で展開している鳥カフェでです。

動物カフェがブームになっている現在ということもあり、可愛らしい鳥たちを集めたカフェも都内を中心に数多く出店するようになってきました。

ペット用の鳥たちはまるで芸術作品のような美しい色合いをしているだけでなく、珍しい鳴き声をしたり声真似をしたりと個性的な特長を持っています。

今でこそ全国各地に存在している鳥カフェですが、そのパイオニア的存在として店舗を運営し始めたのが「ことりカフェ表参道店」です。

店内にはセキセイインコや文鳥といった小鳥たちが25羽ほど飼育されており、美しい毛並みと鳴き声で訪れる人達を出迎えてくれます。

鳥カフェでネックになるのが衛生面で、ニオイや糞といったものが飲食店としては非常に気になることろなのですが「ことりカフェ」においてはしっかり鳥たちと人の入るエリアを分離しています。

冬場になると気になる鳥インフルエンザについてもきちんと隔離をすることで感染が起こらないようにしているので、安心して利用をすることができます。

基本的に鳥たちは観覧用です

他の猫カフェや犬カフェなどでは、店内に放し飼いになっているところを自由に触れることができることが売りになっています。

ですがこの「ことりカフェ」ではあえて鳥たちと直接接触ができないようにすることにより、安心して利用ができる環境を整えています。

小鳥が好きでどうしてもふれあいたいという人には「もふもふ体験」という時間制限のあるイベントも用意されているので、そちらを利用することで特別に鳥飼育エリアに入ることができます。

ここで注意しておきたいのが鳥というのは犬猫と違ってトイレトレーニングができないため、どうしても不慮の事故で衣類や体に糞がついてしまうことがあるということです。

こうした鳥の糞の問題はフクロウカフェでもよくあることで、無防備に中に入っていったらお気に入りの洋服にべったり糞を付けられてしまったというトラブルがよくあります。

動物を相手にしている以上は避けられない問題ではあるのですが、そうした点はまずしっかり頭に入れておいた方がよいのではないかと思います。

なお個人で飼育ルームに入れるというイベントの他、数名ずつの個室を貸し切ってそこで特定の鳥を放し飼いにできるというプランもあります。

お店のスタッフさんたちはかなり鳥のことを愛しており、普段の餌やりやカゴの清掃などお世話には相当気を使ってくれています。

ですのでお店を利用するときにはまず公式サイトから利用規約を読んでおくとともに、スタッフさんの指示に従うようにしましょう。

あわせて読みたい