「もしも」の時のペット保険

ペット保険の加入について

最近は、ペット保険に加入する飼い主さんも増加していますよね。
ペット保険とは、ペットが病気や怪我をしてしまった時にかかる治療費を、ある程度負担してくれる保険のこと。

人間でいう「健康保険」に近いでしょうか。
私たち人間も、具合が悪くなると病院に行きますが、保険証を出せば負担は全体の数割ですみますよね。

逆に、健康保険に加入をしていないと、何かあった時でも医療費は全額負担になってしまいます。
それと同じで、ペットの「万が一」を考えて加入することができる保険ができたのです。

ペットを飼っていない人にはぴんとこないかもしれませんが、実はペットが怪我や病気をした時の治療費は、人間と同じくらい高いのです。

癌になった時には、治療費が40万を越えたという例もありますし、そこまでいかなくても、入院をすれば10万以上のお金がかかることも珍しくありません。

特に、ペットが歳をとると病院にかかる回数も増えますので、その分だけお金がたくさんかかる様になります。
それでなくても、老猫や老犬になると、動物用の介護アイテムが必要になることもありますし、エサも高齢の動物専用のものになってしまうことも多いでしょう。

それでもお金がかかるのに、治療費まで全額負担をしていたら、たくさんの出費を覚悟しなくてはならなくなるでしょう。

ペットの将来を考えるなら加入の検討を

そんなペットたちの将来を考えて、生まれたのがペット保険です。
特に、東京都から生まれたPS保険(ペットメディカルサポート)は、月々の保険料が1500円から揃っていますので、出費も最小限に抑えることができるでしょう。

ペット保険

もちろん、ペットのサイズによって月額保険料は変わってきますが、それでもかなり安く保険をかけることができますので、「ペットに保険をかけておきたい」と言う人にはぴったりでしょう。

資料請求もできますし、インターネットでも申し込みをすることができますので、ペット保険への加入を考えている人は覗いてみてはいかがでしょう。

ペット保険に加入しておくと、やはり安心感が違います。
ペット保険が生まれる前には、「ペットに何かあったら高額な医療費を支払わなければならない」と言う問題が飼い主の型にのしかかりました。

治療費が余りに高額になると、支払うことができないという問題もありました。
「ペットにはできるだけのことをしてやりたい」と思いつつ、それを諦めなければいけないということは、飼い主にとって何よりも悲しいことです。

しかし、ペット保険に入っておけば、ペットに万が一のことがあった時でも安い医療費で済む可能性があります。
ペットを深く愛し、将来のことを考えている人には、保険について調べてみて下さい。

いざという時に頼ることができるものがあるというのは、やはり安心感が違います。

あわせて読みたい